昨日作ったハンバーグの余りが冷蔵庫にあったのでハンバーガーを作ることにしました。
今回目指すのはお店で出てくるようなお肉がジューシーで見た目がかっこいいグルメバーガー!

早速スーパーでハンバーグを挟むのにちょうどいいパンを探したのですが見つからず…。
仕方ないから自分でパンから作ってみるかってことで、強力粉とドライイーストを購入し、
念の為保険でイングリッシュマフィンも購入しました。
マフィンじゃグルメバーガー風にはなりませんがこれはこれで朝マックっぽくてアリかも?

ネットでパンズの作り方を調べて生地を作ります。
今ってクックパッドで何でもレシピが出てくるからすごいですよね。

生地をこねたら濡れタオルをかぶせてしばらく放置…。
この間に発酵が進んで生地が膨らみます。面白いぐらいにもこもこ膨らんで体積が増します。

が、生地のこね方が足りなかったのか、分量がマズかったのか、パンの仕上がりはイマイチでした…。
イングリッシュマフィンで作ったハンバーガーの方がずっと美味しかったです。

また今度パン作りリベンジしたいと思います。

新宿には病院がたくさんあります。仕事で無理をしてしまうことが多く、疲れている人が多いと想像できますね。そして疲れがたまってしまうといろいろな病気にかかりやすくなります。特に心配なのは、なんといっても泌尿器の病気ではないでしょうか。そのことを心配している人も、かなりいることでしょう。しかし心配をしていても、受診をするのは恥ずかしいと思っていることも事実です。その結果、手遅れになったということがあると、取り返しのつかないことになります。そのため、ちょっとしたことでも早めに受診をすることが重要となりますね。ここでは、受診しやすい新宿の泌尿器科はどんなところなのかご紹介します。

・女性が受診しやすい泌尿器科
泌尿器科と言うと、男性が多く受診しているイメージがありますが女性だって泌尿器の悩みについて相談をしたいと思っている人がたくさんいます。そしてそのことについて、男性同様に悩みがあるけどそのままにしていることが多いのです。
そんな時、受診をしやすいところがあると助かりますね。そのような泌尿器科が新宿にあります。そこは、スタッフが全員女性です。医師も看護師も女性なので、安心していくことができます。女性同士だと話をしやすいですね。男性の医師だと、十分にいうことができなかったということもあります。自分の希望する治療方法などを、きちんと伝えることが大切となるので、そんな通院しやすいところにしましょう。

・男性の性病中心の泌尿器科
男性が一番心配する疾患として、なんといっても性病があります。自分がもしかしたらその疾患にかかっているのではないかと心配になると夜も眠ることができなくなります。そのため、早急に受診をして気持ちを安定させましょう。

そんな時、どこを受診したらいいのかと悩みます。一番いいのは、やっぱりそのことを専門としている病院やクリニックです。性病に特化した治療や診察等を行っているところは、プライバシーがしっかり配慮されていて、そのことから治療を実施してもらうことができます。診察にしても、個室を利用する、治療は恥ずかしくないように配慮されている等、患者中心の診察や治療を実施してもらうことができます。それなら安心ですね。ちなみにおすすめは性病検査で評判の良い新宿のこちらの泌尿器科です。

やはり性病検査となるとプライバシーとかがすごく気になると思いますので、どこでもいいというわけにもいきませんので、しっかり事前のチェックはしておきましょう。

週末、ふと映画を観たいなと思い、「ジュリー&ジュリア」をDVD鑑賞しました。

この映画は実話を元に、二人の女性の姿を描いたもの。主人公の1人のジュリーはニューヨークで9・11後の市民相談係をしていますが、本当は作家になりたいという夢を抱えています。周囲の友人は仕事が充実し次々と成功していくので、そんな自分に焦りを感じはじめます。
この主人公の葛藤する姿がリアルなのですが、今の自分の姿と重なってしまいました。仕事には満足している一方、私も何のために働いているんだろう、このまま続けていけるだろうか、とふと感じることがあります。

この映画のもう1人の主人公は、ジュリア・チャイルドという、初めてアメリカでフランス料理を紹介した英語版の本を出版した女性。この女性によるレシピの再現をジュリーは試みます。ジュリーは500以上のレシピを365日で作り、ブログに掲載することを思い立ちます。なかなか上手くいかないこともあったけれど、夫の支えもあってなんとかプロジェクトは成功。

負けず嫌いでキュートなジュリアと、ジュリアに励まされ奮闘するジュリー、偉業を成し遂げた2人の女性から、勇気をもらう思いがしました。

映画の最後に、ジュリーがジュリアのキッチンが展示されている国立アメリカ歴史博物館
に行くシーンがあるのですが、私もいつか行ってみたいなと思います。