朝起きて、お天気も良い事が確認出来たため、今日は外でゆっくり朝ごはんにしようと思った。せっかくなら雑誌ものんびり読めるところ…お気に入りの喫茶店のモーニングに決めた。

卵サンドのセットにしたいなと思って、いざ店に着くと、新作の照り焼きチキンサンドを発見!朝から重いかなと思いつつ、妙にそそられたので普段はあまりしないけれど、予定変更で照り焼きチキンサンドのモーニングセットを注文した。

ここの喫茶店はサイフォンでコーヒーを淹れて、ポットで出してくれるから、自分で出来立ての香り高いコーヒーをカップに注ぐ作業を、毎回楽しみにしている。コーヒーは毎回決まって、『本日のオススメコーヒー』をチョイス。

今日は特に酸味の効いたコーヒーだった。肝心のサンドイッチはというと、照り焼きチキンのタレは甘めでトーストされたパンによく合ったけれど、コーヒーがよく進んでしまい、ついついお代わりをしてしまった。ここは、お代わり無料とか、半額じゃなくて正規料金だから、痛い出費だったけど、たまの贅沢なモーニング、幸せだー。

私は、妻を結婚をして気持ちが安らいだことがありません。それは妻のほうが、上というそんな感じでずっと暮らしてきたからです。一人でいるときはいいのですが、妻が帰ってくるとそのたびにドキドキすることが多くなりました。それは妻が私をいじめるからです。いじめというのは、暴力ではなく言葉でせめてくるのです。

その言葉は、汚い、稼ぎが少ない、男として見れない等です。そんな時、離婚をしたいと真剣に思います。しかし離婚をしたいということを伝えることすら、できないのです。そのことを伝えると、妻としてはプライドを傷つけられたと思って、絶対離婚に応じないと思うのです。

今までも妻は、3回離婚を繰り返しています。そのことについて知っていたものの、こんなことなのかと想像することすらできませんでした。しかし私としても精神的に限界なので、一緒にいることができないのです。妻の顔を見ると、息が苦しくなります。

しかしそのことについて、男として誰にも相談をすることができないのです。友人に相談をすると、とても社会的地位の高い妻と一緒なので贅沢ということを言われてしまいます。そのため、友人にも相談をすることをやめています。

その後も離婚をしたいという気持ちは変わることがありません。その内容に付いて、こんなことで離婚をすることができるのか男性側 離婚弁護士に相談をしたいです。離婚ができないと、入院をすることになるとそれほど気持ちが追い詰められています。

世の中には大切なものがたくさんあります。ですが、それが自分の手元にある時は大切さを実感できていないということもよくあります。大切さに失ってから気づいたという経験は、誰もが一度は経験していることだと思います。私もあります。失ってから大切さに気づき、後悔したことがたくさんあります。そこで今回は、今でも忘れられないことを2つ書いていきたいと思います。

1つ目は、友達です。学生時代の友達でした。私は異性の友達が少ないのですが、やっとできた友達がいました。しかし、私のある言動が原因となり、一方的に関係を絶たれてしまったのです。後になってから気づいたのは、あまり大切にしていなかったということです。調子に乗ってしまったのだと思います。

2つ目は、親です。私は2年前、父親を亡くしました。父親の大切さは分かっていたつもりでしたが、分かっていませんでした。亡くなった後に、大きな存在であったことに気づいたのです。強い悔しさが残りましたが、手遅れで、どうすることもできませんでした。

思い返せば、私は失ってから大切さに気づくことが非常に多かったです。今後は、同じことがないよう努力していきたいです。

友達の家に遊びに行ったことは誰もが経験していることだと思います。私も何度もあります。特に、小学生の頃によく行っていました。自分から行きたいと言うタイプではなかったため、遊びに来るよう言われたり、一緒に行こうと誘われた時だけ行っていました。

友達の家に行くということになった時は、毎回必ずドキドキしていました。どんな家に住んでいるんだろう、中はどうなっているんだろう、親はどんな感じなのだろうと色々想像するからです。

家の中に入ってからもドキドキの連続でした。全てが初めて見る景色だからです。家の造り、家具、おもちゃに至るまでほとんどが自分の家と違うからです。

ずっとドキドキしているため、まともにくつろぐことはできませんでしたが、それでも私はこのドキドキが好きでした。とても刺激的な経験になったからです。帰る頃には、遊びに来て良かったと思うことがほとんどでした。

今ではもう行くことはありませんが、たまにまたあのドキドキを味わいたいと思うことがあります。

昨日作ったハンバーグの余りが冷蔵庫にあったのでハンバーガーを作ることにしました。
今回目指すのはお店で出てくるようなお肉がジューシーで見た目がかっこいいグルメバーガー!

早速スーパーでハンバーグを挟むのにちょうどいいパンを探したのですが見つからず…。
仕方ないから自分でパンから作ってみるかってことで、強力粉とドライイーストを購入し、
念の為保険でイングリッシュマフィンも購入しました。
マフィンじゃグルメバーガー風にはなりませんがこれはこれで朝マックっぽくてアリかも?

ネットでパンズの作り方を調べて生地を作ります。
今ってクックパッドで何でもレシピが出てくるからすごいですよね。

生地をこねたら濡れタオルをかぶせてしばらく放置…。
この間に発酵が進んで生地が膨らみます。面白いぐらいにもこもこ膨らんで体積が増します。

が、生地のこね方が足りなかったのか、分量がマズかったのか、パンの仕上がりはイマイチでした…。
イングリッシュマフィンで作ったハンバーガーの方がずっと美味しかったです。

また今度パン作りリベンジしたいと思います。

新宿には病院がたくさんあります。仕事で無理をしてしまうことが多く、疲れている人が多いと想像できますね。そして疲れがたまってしまうといろいろな病気にかかりやすくなります。特に心配なのは、なんといっても泌尿器の病気ではないでしょうか。そのことを心配している人も、かなりいることでしょう。しかし心配をしていても、受診をするのは恥ずかしいと思っていることも事実です。その結果、手遅れになったということがあると、取り返しのつかないことになります。そのため、ちょっとしたことでも早めに受診をすることが重要となりますね。ここでは、受診しやすい新宿の泌尿器科はどんなところなのかご紹介します。

・女性が受診しやすい泌尿器科
泌尿器科と言うと、男性が多く受診しているイメージがありますが女性だって泌尿器の悩みについて相談をしたいと思っている人がたくさんいます。そしてそのことについて、男性同様に悩みがあるけどそのままにしていることが多いのです。
そんな時、受診をしやすいところがあると助かりますね。そのような泌尿器科が新宿にあります。そこは、スタッフが全員女性です。医師も看護師も女性なので、安心していくことができます。女性同士だと話をしやすいですね。男性の医師だと、十分にいうことができなかったということもあります。自分の希望する治療方法などを、きちんと伝えることが大切となるので、そんな通院しやすいところにしましょう。

・男性の性病中心の泌尿器科
男性が一番心配する疾患として、なんといっても性病があります。自分がもしかしたらその疾患にかかっているのではないかと心配になると夜も眠ることができなくなります。そのため、早急に受診をして気持ちを安定させましょう。

そんな時、どこを受診したらいいのかと悩みます。一番いいのは、やっぱりそのことを専門としている病院やクリニックです。性病に特化した治療や診察等を行っているところは、プライバシーがしっかり配慮されていて、そのことから治療を実施してもらうことができます。診察にしても、個室を利用する、治療は恥ずかしくないように配慮されている等、患者中心の診察や治療を実施してもらうことができます。それなら安心ですね。ちなみにおすすめは性病検査で評判の良い新宿のこちらの泌尿器科です。

やはり性病検査となるとプライバシーとかがすごく気になると思いますので、どこでもいいというわけにもいきませんので、しっかり事前のチェックはしておきましょう。

週末、ふと映画を観たいなと思い、「ジュリー&ジュリア」をDVD鑑賞しました。

この映画は実話を元に、二人の女性の姿を描いたもの。主人公の1人のジュリーはニューヨークで9・11後の市民相談係をしていますが、本当は作家になりたいという夢を抱えています。周囲の友人は仕事が充実し次々と成功していくので、そんな自分に焦りを感じはじめます。
この主人公の葛藤する姿がリアルなのですが、今の自分の姿と重なってしまいました。仕事には満足している一方、私も何のために働いているんだろう、このまま続けていけるだろうか、とふと感じることがあります。

この映画のもう1人の主人公は、ジュリア・チャイルドという、初めてアメリカでフランス料理を紹介した英語版の本を出版した女性。この女性によるレシピの再現をジュリーは試みます。ジュリーは500以上のレシピを365日で作り、ブログに掲載することを思い立ちます。なかなか上手くいかないこともあったけれど、夫の支えもあってなんとかプロジェクトは成功。

負けず嫌いでキュートなジュリアと、ジュリアに励まされ奮闘するジュリー、偉業を成し遂げた2人の女性から、勇気をもらう思いがしました。

映画の最後に、ジュリーがジュリアのキッチンが展示されている国立アメリカ歴史博物館
に行くシーンがあるのですが、私もいつか行ってみたいなと思います。

この間、ちょっとした雑貨を買いに無印良品へ行った時のこと。不揃いバームクーヘンのまとめ買いで10%offセールが行われていたため試しに水切りヨーグルト味、バナナ味、宇治抹茶味を一つずつ買ってみました。不揃いバームクーヘンシリーズは、焼きムラなどではじかれたバウムクーヘンから作られた延べ棒のような形をした焼き菓子です。他にはメロン味やチョコバナナ味があったと思います。

買ってみた中で特に気に入ったのが水切りヨーグルト味です。ヨーグルトの酸味とバウムクーヘンの甘さ、バターの風味がよく調和していてとても満足させてくれました。そのときは牛乳をお供にいただきましたが、ダージリンなどストレートでのむ紅茶とよく合う味わいだと思いました。

さらに、栄養価ではたんぱく質が一本当たり6.6g含まれており卵一個分と大体同じくらいの量を含んでおり、また、カロリーも一本で409kcalもあり、手軽に栄養補給できるという点でも気に入っています。包装には、冷やしてもおいしいと書いてあったので次回買ったときは、常温ではなく冷やして楽しみたいです。

通販サイトを駆使できるようになってからは、もっぱら通販で好きな作家の本を片っ端から調べて買う、みたいなことをしていました。
が、こうなってくると新規作家の開拓が出来ません。
通販サイトのオススメ情報はイマイチ精度が高くないなぁ、というごく個人的な偏見を持っているので、少なくとも半年には一度本屋に行くようにしています。
今日は久々に、そんな本屋に行ってきました。
ありとあらゆる本が並んでいるのは、いつ見てもやはり壮観。
帯の文言をチェックするのも、書き出しの立ち読みもし放題な贅沢空間です。
その中でも私が特に気にして良く見る点は、本棚の陳列です。
何故なら、本屋それぞれの個性が出る点だと思っているから。
売り出し中の作家のものや新刊は当然どこの本屋でも平積みになっていたりするのですが、あまり聞かない出版社の無名の作家がひっそり平積みになっていたりすると、これがこの本屋のオススメ本かぁ、とワクワクします。
本屋さんのオススメ本は結構な確率でハズレなしなので、ついつい手が出てしまいます。
今日も手が千切れそうなほど買ってしまいました。

「どんな人も不倫に注意しておきましょう」ということを自分自身の経験からも言いたいですね。なぜなら、自分が知らない間に不倫をしている可能性だってあるわけですから。

このようなことを言ったところで、信じられない人もいることでしょう。しかし実際にそうなのですから、よく心に留めておいてくださいよ。だって結婚してもちゃんと落ち着ける人って結構少ないんですから。

ストイックにしっかりとモラルをもって生きている人ってあまりいないのではないだろうか…なんて思ってしまうほどに、みなさん「隙あれば不倫したい」なんて思っていたりするのではないでしょうか。たとえ結婚していても。

結婚していても、その事実を告げなければはたからみたら既婚者に見えなかったりするわけですからね。そして今のこの情報化社会ですから。出会いの可能性だって無限大であり、不倫しようと思えばできてしまうというわけですよ。

そしてだからこそ、独身者は注意した方がいいんですよ。不倫しようと思っている異性って上手ですからね。手口もうまければ既婚の事実を隠して付き合うのも上手ですから。だからこそ「注意してください!」と言いたいわけです。気がつかぬ間に不倫していて、そして慰謝料を請求されることにもなりかねませんから。