趣味が合う人がいい、とは限らない??

ここ数年で特撮に大ハマリしてしまい、レンタルDVDでこつこつと戦隊シリーズなどをチェックしています。

最初は「今人気のイケメン俳優がこの作品やこの作品にも?かっこいい!」という、ちょっと不純な動機だったのですが、案外深い世界観や熱いストーリー、かっこいいアクションや主人公たちの成長(俳優さんの演技も含めて)にすっかり感動してしまいました。

SNSで特撮用のアカウントを作り情報を集めていると、いろんな人が親切な返事をくれとても楽しく、「リアルでもこんな風に、趣味が合う人との出会いがあればなあ…」と思うのですが、中には「そんな事も知らないの?このシーンは過去作のオマージュで…」「スーツアクターへのリスペクトが足りない。にわか」などと厳しい言葉をもらうこともあります。

そんな時は「リアルの彼氏がこうだと、いくら趣味が合っても疲れるかも…」とついついため息が出そうになります。時には熱く、時には解釈の違いも楽しみつつ、いろんな事を教えてくれるような優しい人と出会いたいなあ、と思います。