転職してフリーランスエンジニアになる

これまでITエンジニアとして会社のために一生懸命働いてきたかもしれません。ですが残業が多く、仕事は山のようにある、でも休みを取ることがなかなかできない、そして収入も大きく増えるわけではない、こうした難しい状況の中で、いろいろなジレンマを抱えながら仕事をしている人たちはたくさんいます。ストレスが多いのと、プライベートが大きく犠牲になってしまっているために、転職したいと思うのは自然なことです。エンジニアのニーズは高く、転職はそれほど難しくはありませんが、それでも、どこも忙しいので、転職先でも同じような仕事環境になってしまうのではないかという不安もあるに違いありません。そうであれば、思い切ってフリーランスエンジニアになることを考えてみるのはどうでしょうか。

フリーランスになるっということですので、自分で仕事を取らなくてはなりません。とはいえそれはそれほど難しいことではなく、クラウドソーシングのサイトなどを活用して、仕事を取ることができるし、一度良い仕事をすれば、次々と別の仕事を請け負うことが可能になっていくことでしょう。そしてフリーランスエンジニアになったことで、これまでは1つの仕事ばかりを専門的にやってきたかもしれませんが、これからは自分でやってみたいジャンルに挑戦をすることができるというメリットが生まれてきます。結果として、自分のやりたいことができることで、仕事そのものからの充実感を得ることができるのです。

またフリーランスエンジニアの場合には、自宅でも仕事が可能ですが、クライアントの要望に合わせるようにして、クライアントが指定する場所での仕事をするというケースもあります。この場合には、収入は高いですが、やや縛られてしまう部分が出てきて、収入の安定は得られるものの、就業規則に従うなどの要素が入ってしまいます。

フリーランスエンジニアになるには 未経験からの転職をして、ある程度スキルを身に着けてからという方法ももちろんあります。

効率的に仕事を続けるには、やはりスキルをアピールする必要があります。それは実績、つまりこうしたことを手がけてきたこと、こんなこともできるといういわゆる特技であり、常にレベルアップしていきたいという意欲を持ち続けることで、フリーランスエンジニアとして成功していくことができます。