エンジニアとしてフリーランスになりたい

IT系のエンジニアの人手不足が深刻なのは、企業があまりにも仕事が忙しいために、社員を長い時間拘束したり、安い給料で働かせているので、離職率が高いからと言われることがあります。確かにエンジニアの仕事量は増える一方であり、人手がそれに追いついていない状況は、社員1人1人の負担が増えてしまう現状を生んでいるのかもしれません。

そのような人たちが、フリーランスのエンジニアになりたいのは、そのような重苦しい空気から解放され、自分らしい仕事がしたいという気持ちが強くなるからかもしれません。自分がどこまでできるのかを試したいという気持ちもあることでしょう。フリーランスになるというのは、ボーナスも会社からの保障も得ることができなくなりますが、その分すべてのことが自己責任で、生活がシンプルになるかもしれません。30代や40代のフリーランスは多いです。