貴婦人の立ち居振る舞い

買い物の帰り、駅の地下連絡通路に続く場所で手すりにつかまりながら歩く見た感じ70歳は越えてそうなお婆ちゃんがいた。
手すりを掴みながら歩いてたけど、足取りが危なっかしく、見ていて怖くなったので「大丈夫ですか?」と、声をかけた。
お婆ちゃんは、こちらに気付くと顔をガン見してきた。不審者と警戒されているのかな?と、思ったら、お婆ちゃんが
「良い男だねぇ」
と、言って、手すりから手を離して、こっちの手をがっちりと掴んできた。お婆ちゃんの予想外の行動に驚き、完全にペースを握られてしまった。
そのまま、地下連絡通路を通り、駅の反対側までずっと手を繋いだ状態で行くことになった。反対口まで来るとお婆ちゃんは、
「ありがとうね。お兄ちゃん」
と、言って、お婆ちゃんは去って行った。終始、ペースを握られっぱなしだった。あのお婆ちゃんのアグレッシブさ、若い時はどれだけすごかったんだろう。そう思いながら、地下連絡通路を戻って家に帰った。