文庫本にカバーを着けるか否か

文庫本を電車で読む人はたくさんいます。電車の中だけではなくて公園のベンチや図書館、カフェなどでもそうです。そういったとき、本にカバーが着いている人と着いていない人がいますが、私は買った本には必ずカバーを着けてもらって、着けたまま持ち歩くようにしています。

新品の本を綺麗な状態に保ちたいという気持ちもありますし、周りに「自分はこの本を読んでいるのですよ」とわざわざ知られなくても良いかな、とも思うのです。別に知られたくないわけではないのですけどね。

でもたまに図書館で本を借りてそれを電車の中で読んだりするときにはカバーをわざわざ自分で着けることはありませんね。友達は図書館で借りた本にも自分でカバーを着けるそうですが。図書館の本は最初から中古のものだからという気持ちが無意識的にあるのかもしれませんね。本のカバー、布のものも売っていたりしますね。たまには自分で布で作っているのも面白いかもしれません。