マンションを購入したはいいものの、その使い道に関してはいろいろなことを考えるかもしれません。その物件に直接に住むのか、それとも誰かに貸し出して、賃料の収入を得るビジネスをするのかということです。

シェアリングサービスなどもあり、民泊として貸し出すという方法もあります。いろいろな方法があるわけですが、そのようにして不動産投資をして物件を所有したのであれば、固定資産税がかかってくることになりますし、管理費だけでもかなりの金額になるのは確かです。

それでそうした物件を有効活用するために、どのような方法が最も効率よく稼ぐことができるのか、真剣に学ぶことができるでしょう。

不動産投資で、本業よりも稼ぐ人たちは少なくありません。持てば持つほどに稼ぐことができるので、1つのマンションだけではなく、複数持つことを目標にできるかもしれません。

地球温暖化で異常気象が続いています。なんだか私が子供の頃に比べると台風が異常に大きかったり、真冬なのに春のような暖かさの日が続いたりと、地球がここ30年くらいの間に大きく変わっていることが怖いのです。
私が子供だった時代は春夏秋冬がちゃんとありました。冬なのに春のような日が続くことはありませんでした。夏は夏らしい気温で冬は冬らしい気温。春も秋も春らしかったり秋らしかったりちゃんとしていたんです。
いろんなことが地球にダメージを与えています。だから地球はおかしくなってしまったんだと思います。この変化を食い止めて昔の安心できる環境になるためにこれから必要なのは「太陽光発電」だと私は考えています。
それでも太陽光発電を取り付けられる家庭は多くありませんね。太陽光発電取り付けに補助が出れば利用する家庭がもっと増えるはずです。

2018年12月某日。街はすっかりクリスマスムード一色。
待ち合わせ場所に早めについた僕はどの子がお目当ての彼女か目で追いながら静かに待っていました。
今日のターゲットは出会い系サイトで知り合った20代A子ちゃん。歌うことが好きらしく、カラオケに誘ってみたら、ぜひ行きたいとのこと。
事前のやり取りでは好感触。これはいい思いができそうだと期待感が高まります。
そうこうしていると「こんにちは」と声を掛けられました。A子ちゃん登場です。
一言二言交わし、カラオケ店へ向かいます。
「なに歌おうか?」そう尋ねると彼女は慣れた手つきでリモコンを操作し始めました。
聞き覚えのないイントロがスピーカーから発せられ、彼女は何だかよくわからないミュージカルか何かの歌を熱唱し始めました。
正直、若干引いてしまいましたがそれもすべては次のステップのため。精一杯ノって見せます。
気分を良くした彼女、さらに癖の強い選曲で僕を異次元へ誘います。
飽きてきたなぁ、などと思っていると時間終了のコールがかかり、カラオケ終了です。
あぁ長かった。ただ彼女はご満悦の様子。
これはいけるな、そう確信して直球でホテルに誘うともちろんOKとのこと。
謎のソロコンサートに耐えた甲斐がありました。
そしてホテルにチェックイン。彼女の身体をしっかり堪能しましたとさ。

今日の日記はタクシーに乗った話を書きたいと思います。今日乗ったタクシーはドライバーの方がとても楽しい方でした。

僕が「タクシー乗務員の仕事は楽しいですか」って会話の流れの中で聞いたんですけど、ドライバーさんはミラー越しにちらっと僕のほうを見ながら、笑い、そしてめちゃくちゃ楽しいよ、って答えてくれました。

それ以上はあまり根掘り葉掘り聞くのは失礼かなって思って、僕の最近の仕事のことなどを話したのですが、ドライバーさんがほんとに頭の回転が早い人で、ことあるごとにボケをかましてくれて、正直、大笑いしてしまいました。

さすが大阪のタクシーは違いますね。

なんでもお笑いにつなげてしまうのはさすがですね。目的地についてお会計をする時には、お決まりの「はい、500万円になりますー」なんてボケをかましてくれて、ほんとに最高でした。思わず、タクシードライバーに転職したいな、なんて思いましたよ!

暫くの間はフリーターでしたが、よくやく就職する事ができました。
就職した先はタクシードライバーの会社です。その会社を紹介してくれたのは、知人でしたが、私がフリーターをしている事を知っていて、真剣に将来を考えるならば、タクシードライバーが稼げるよと、教えてくれたことで興味を持ちました。
話を聞いていて、面接に行って、会社の説明を聞いていると、とても良い会社だった事も有り、そちらにお世話になる事を決めました。
研修期間もあるので、初の仕事の時から安心して働けるところが一番良かったですが、今ではお客さんに感謝の気持ちなどを言われたりすると、この仕事を選んで良かったなと思っています。
とにかく長く続けていきたいので、毎日、感謝の気持ちを持ちながら、精一杯努めたいと思っています。
あの時にタクシードライバーを勧めたくれた知人にも感謝しています。

ここ数年で特撮に大ハマリしてしまい、レンタルDVDでこつこつと戦隊シリーズなどをチェックしています。

最初は「今人気のイケメン俳優がこの作品やこの作品にも?かっこいい!」という、ちょっと不純な動機だったのですが、案外深い世界観や熱いストーリー、かっこいいアクションや主人公たちの成長(俳優さんの演技も含めて)にすっかり感動してしまいました。

SNSで特撮用のアカウントを作り情報を集めていると、いろんな人が親切な返事をくれとても楽しく、「リアルでもこんな風に、趣味が合う人との出会いがあればなあ…」と思うのですが、中には「そんな事も知らないの?このシーンは過去作のオマージュで…」「スーツアクターへのリスペクトが足りない。にわか」などと厳しい言葉をもらうこともあります。

そんな時は「リアルの彼氏がこうだと、いくら趣味が合っても疲れるかも…」とついついため息が出そうになります。時には熱く、時には解釈の違いも楽しみつつ、いろんな事を教えてくれるような優しい人と出会いたいなあ、と思います。

再婚して現在幸せです。20代の時に離婚してずっと一人でしたが、30代後半で婚活をして良い男性と出会うことができました。

30代のバツイチ女性なので良い人が見つかるかなと不安でしたが、婚活をして5ヶ月目にすごく好きだと思える人と出会うことができました。諦めなくて良かったです。

彼と半年間付き合って、彼が「結婚しよう」と言ってくれたのでOKしました。そんなにすぐに再婚して大丈夫かと周りから言われましたが、問題なく毎日幸せです。

彼もバツイチだから、お互いに思いやりをもって生活をすることができているんですよね。だからこの先もうまくいくと思うんです。

子供はもう期待できないので、二人で仲良く生きていけたらいいなと思います。2人とも旅行が趣味なのでどんどん海外旅行をして、楽しみたいと思っています。あの時思い切って婚活をして良かったです。

大学以来の友人がいます。
私も彼も50代を越えています。
人生の先が見えてきます。
凡人ですから、これから先のことが不安になります。
そんな時、誰がそばにいてくれたらよいと感じるのは人間として、当たり前の感情でしょう。
私は雑事が多すぎてこれまで結婚もせず、現在に至っています。
親も兄弟もいません。
しかし、一人暮らしも気楽なものです。
結構楽しんでいます。
それとは対照的なのが、友人の彼です。
30代半ばで15歳年下の女性と結婚。
周囲をあっと言わせました。
ところが10年も経過しないうちに離婚。
時折、私宛にメールが来て、独り身の寂しさを訴えていました。
私はそんなに寂しいなら、婚活でもしたらいいよとアドバイスしました。
冗談半分だったのですが、彼はそれから婚活に夢中になりました。
しかし、女性に求めるレベルが高すぎるみたいです。
20代の女性しかダメだというのです。
婚活に熱心とは言え、それでは再婚までは厳しい道のりではないかと心配です。

不動産は賢く運用ができれば、大きな利益を上げることができますが、逆に上手くいかないと、税金などで支出が増えてしまい、それを持っていることがかえって負担になってしまうことがあります。それで、状況によっては不動産売却する方が、得策であると考える人たちは少なくありません。ではどのようにして不動産売却ができるのでしょうか。大きな金額が動く、こうした売却に関して、詳しいことがわからない人が、自分独自でそれをするのはかなり難しいことです。やはり、専門の業者に委託するのが自然な流れです。不動産業者は、すでにこうした売却物件を探しており、その物件をネットなどで紹介し、その売買を助けてくれます。それなりの手数料が取られますが、交渉に関するややこしい部分を仲介してもらえることで、スムーズな流れを作ることができるでしょう。いくらで売るかに関しては決定するのが難しい部分があります。

私は、現在、クラウドソーシングなどの文書をレンタルサーバー上にプルダウンリストとして保存して後で見返すことが出来る文書履歴ツールのプログラミングをしています。文章の量は、今まで書いた分で、約250ファイルをサーバー上にhtmlファイルとしてあげています。サンプルのCSSでスタイルなどの見栄えを調整し、PHPでファイルの名前と日付の情報を取得して、降順にプルダウンリストとしてファイル名をクリックすれば、文章が現れる仕組みにしました。また、JQueryなどのAJAXを利用して、get情報を送信することによりリストのページ分けに成功することができました。NEXTボタンを押せば、次のリストが表示され、PREVIOUSボタンを押せば前のリストが表示されます。
これからは、今まで入力した文字数を計算する処理を作れないか検討しているところです。