私がまだニューヨークに住んでした頃、南フランスのニースに2週間の語学留学をしました。私はニューヨークの大学を卒業していて、フランス語を学校で受けていたのですが、Rの発音がうまくできなくて、本場のフランスでRの発音をしっかりと身につけたいと思って、他のことはともかく、とにかくRの発音を学ぶためにニースに行きました。

そして、私がニースに行くことが決まったら、友達がモナコに住んでいる友達を紹介してくれました。

私はニースではホームステイで夕飯もホームステイ先で取るようにしていました。

週末になったので、その友達の友達とモナコで待ち合わせをして一緒に食事をすることにしました。

その人はアメリカ人男性でした。独身でかつて日本人の恋人がいたこともあって、日本語が堪能でした。

そして、一緒にイタリアンレストランに行きました。私は食が細くてなかなか食べられなかったのですが、そのレストランではとにかくたくさん食べさせられるのです。

そして、モナコのカジノ前のカフェドバリでお茶を飲みました。

とても気候が良くて、その彼は素敵で、ロマンチックな出会いでした。

英語でも日本語でも言葉が通じるのはとても便利で、彼はフランス語もペラペラでした。

私は2週間ニースに滞在したのですが、彼はその途中で日本に出張があって、会えなくなりました。その後もメールでやり取りをして写真の交換などをしています。すごく素敵な出会いで、長く続けたいと思います。

23歳彼氏と別れたばかりで独り身だった頃です。その日は大雨で、友人と食事を終えて車で帰宅していました。途中携帯電話が鳴ったので出ようと思い、車を端に寄せて止まろうとすると、脱輪!タイヤが溝にハマってしまったのです。

途方に暮れていると、後ろに1台の車が止まり、雨の中男性が下りてきてくれました。男性は自分の車と私の車を連結し引っ張ってくれ、見事にタイヤは溝から脱出しました。その優しさに感動し、「今度お礼させて欲しい」と思わず連絡先を聞いてしまいましたが、男性も快く教えてくれました。夜で暗かったので、顔ははっきりみえませんでしたが少し歳上の爽やかな雰囲気でした。

「運命の出会いかも…!」と盛り上がり、後日彼から誘われすぐ食事に行きました。マメに連絡をくれ、もう付き合うのも時間の問題だと思っていた頃です。

「明日会える?」と連絡があり、場所を指定されました。いつもは車で迎えに来てくれるので、待ち合わせは初めてだったのですが、仕事が終わって楽しみに向かいました。「あの…〇〇さんですか?」と、そこに現れたのは1人の女性。「私、〇〇(彼の名前)の妻です。」と。

目が飛び出しそうになりました。なんと真面目で誠実そうな優しい彼は既婚者だったのです!しかも2歳の子供までいました。メールのやり取りで関係を知ったそうで、前日メールしてきたのも奥さんでした。感情的にならず、本当に私が知らなかったのだと知るとすごく謝っていました。

いい奥様でした。かなりショックを受けましたが、その後の彼の電話にも一切出ず縁を切りました。幸いまだ深い関係にもなっていなかったので、気持ちが抑えられなくなる前で本当に良かった。

私も危うく不倫の仲間入りする所でした。やはりドラマのような恋愛なんて、早々ないですよね。

先日、デパートに行った時の事、浮く風船をもらいました。

あまり、このタイプの風船をもらった事のない息子は大喜び。

糸がついているにもかかわらず、気になるようでしっかりと風船を手で抱えています。

それでは、浮く良さが出ないんじゃないかと思いましたが、嬉しそう。

でも、しばらくすると、手で抱えているのが大変になったのか、

オーソドックスな糸をつかんで浮かせるという持ち方に変えました。

ところが、この風船を持っての買い物、思いのほか面倒です。

糸につながってフワフワするので、エスカレーターなどで後ろの人に当たらないか、

気を使い、歩いている時も人に当たらないか気を使い…。

そして、ふと上を見ると、いくつか風船が天井にあります。

おそらく、手を離してしまったんでしょう。

それを見た息子が不安になったのか、風船は私に託されました。

風船はかなり邪魔になり、結局、買い物もままならず帰宅する事にしました。

家に帰ると気兼ねなく、手を離し、風船は天井へ。

その日、一日、息子は風船と戯れていました。

そして、翌日の朝です。

予想はしていたものの、風船は床に落ちてただの風船となっていました。

息子はしょんぼりです。浮く風船の宿命なので仕方ありません。

また、どこかでもらえるのを待ちます。

その時は、買い物が終わった時にもらうようにします。

名古屋 女性専用 マッサージ店が数多くあります。やはり、女性専用というメリットはかなり大きいものだと思います。女性のためのことを考えたマッサージメニューはもちろんのこと、細部まで色々気が配られているからです。

私は以前、仕事の関係で名古屋に訪れた時に、女性専用のマッサージ店というものに初めて入りました。一緒に行った人に強く勧められたから、女性専用のマッサージ店にしたのですが、それまでは「どこでも一緒じゃない?コリが取れて、リラックスできれば、むしろどこでもいい」とすら思っていました。

しかし、行ってみたら、「もう最高」だったのです。店内は当たり前ですが本当に清潔で、特に感動したのはトイレでした。とても広く、ありとあらゆる物が取り揃えられ、とても居心地がよかったです。その上、マッサージは抜群に上手でした。それからはマッサージ店に行く時は女性専用の所を探して行っています。本当にお勧めです。

夏だし汗はかきまくりですよ。ですから、汗拭きシートは言ってみれば必需品じゃないですか。まず朝起きて汗拭きシート、出社後にサクッとトイレで汗拭きシート、昼食を買いに行って帰ってきては汗拭きシート…というような具合ですから。

ですから汗拭きシートの消費量だってハンパないというわけです。そしてだからこそ、大量安売りの汗拭きシートに手を出すというわけなんですよ。いやまあ、ワゴンセール的に売られていた汗拭きシート「ギャッツビー」の悪口を言うわけではありませんよ。まあ「ギャッツビー」を買って、そして合わなかったわけですけれど。

私にはギャッツビーは爽やか過ぎるのです。確かに、ギャッツビーの爽快感はハンパないです。もうね、お肌がスースーするぐらいの爽快感なんですよ。ですから、肉体労働系の男性にはものすごくギャッツビーって最適だと思うんです。

けれども私一応、女性ですしそもそもデスクワーカーですから、ギャッツビーの爽快感はお肌がピリピリするぐらいの爽快感は痛いのです。ギャッツビーで拭いた後はしばらくスースーし続けますからね。クーラーの中では冷た過ぎます。

今日は友人の家で、結婚式の余興の打ち合わせに行ってきました。と言っても、「みんなで出身校の校歌を歌う」という、実に簡単な出し物を予定しているのですが…。新郎側の余興で、出身校の校歌を歌うという案があるそうなので、それに合わせて新婦側も校歌斉唱にしました。野球の応援合戦みたいな感じになると良いかな~と思っています。

友人の家では、斉唱前のスピーチをみんなで練りました。5人で集まったのですが、練っていくうちにスピーチがだんだん不真面目に…。あまり悪乗りしてはダメですよね。披露宴はご親戚の方も出席する場なので、頃合いに気を使います。大切な結婚式で、ドン引きされるのだけは避けたいです。

スピーチを作った後、校歌をみんなで歌ってみたのですが、思いの外、正確に歌えなくてビックリしました。あまりにもナチュラルに間違えているせいで、「いや、この歌詞が正しい!」と言い張る人までいる始末です。体育会出身の子が、カラオケを持っていたので、何とか正確な歌詞を再確認しましたが、無かったら絶対正しく歌えませんでした。

とにかくおめでたい日になるよう、頑張ります。